« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

庭のお散歩「セイヨウヒイラギの実」

12月になります。
庭のセイヨウヒイラギの実が、赤く熟し始めました。
欧米では、ホーリーと呼ばれて、 クリスマスの飾りに用います。
我が家では、玄関を飾るリースに使用します。
街のイルミネーションが、きれいに輝く季節になってきました。

Imgp0272_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

庭のお散歩「カンツバキ開花」

庭に、「カンツバキ(寒椿)」の花が咲きました。
サザンカの園芸品種とされています。

Imgp0266_3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

チョコ、気をつけて

天井から、鈴の音がしました。
チョコが、2階から見降ろしていました。
チョコ、お願いだから、落っこちないでね!

Imgp0259_2

Imgp0260_2

| | コメント (2)

輝く海辺

久しぶりに、浜辺に行きました。
干潮で、潮は引いて、穏やかな光景です。
海面には、陽の光が反射して輝いていました。
水温は、かなり冷たいでしょうね。
でも、わずかに人影が見えましたよ。

Imgp0256_1

| | コメント (4) | トラックバック (0)

自己紹介

自己紹介

編集で、文字入れてみましたっ! by minmin

| | コメント (4)

庭のお散歩「秋色めいて」

庭の樹木が、鮮やかに色めいてきました。
冬に備えての、落葉も始まりました。

Imgp0249_1

Imgp0251_3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

飛行機雲

夕焼け空が、今日もきれいです。
ひと筋の飛行機雲を見つけました。
明日もお天気になるといいね。

Imgp0247_1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

小雪

24の季節は「小雪(しょうせつ)」になります。
市街地には本格的な降雪はないものの、
遠い山嶺の頂きには白銀の雪が眺められて
冬の到来を感じさせます。
北風が木の葉を吹き飛ばし、ミカンが黄ばみ始めます。

Imgp0225_1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

つぶらな瞳

つぶらな瞳

夜、お目々がつぶらになっちゃってるチョコちゃんでっす!

| | コメント (3)

秘密の花園「バラ(クイーンエリザベス)開花」

庭に、クイーンエリザベスの花が咲きました。
このバラの花は、2メートル高にあります。

Imgp0242_1

| | コメント (1) | トラックバック (0)

きれいな夕空

今日の夕方の景色です。
きれいな夕焼けが見られました。

Imgp0227_1

| | コメント (4) | トラックバック (0)

庭のお散歩「サザンカ開花」

サザンカの花が咲いているのを見つけました。

ツバキと似ているのですが、花弁ははなれて散ります。
ツバキは、一輪ごとぽとりと落ちます。

Imgp0201_1

| | コメント (6) | トラックバック (0)

庭のお散歩「ナンテンの実」

秋の実りを、もうひとつ。
ナンテンに、赤い実が、たくさん熟しました。
災難除けや魔除けとして、門前や玄関先に植えられています。
「難が転じる」というそうです。

Imgp0205

| | コメント (0) | トラックバック (0)

庭のお散歩「カリンの果実」

庭の、花梨(カリン)の樹に、
洋梨くらいの大きさの果実がに黄熟していました。
この実を漬けたカリン酒は、咳止めの薬になります。
秋の実りです。

Imgp0207

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チョコの寝顔

先週は、チョコの「ゴハン~!」のQTムービーで、
とってもアクティブなときを得ることができました。
ありがとうございました。

こんなとき、寝顔のチョコをアップしてみます。
そんなことも知らずに、チョコは、気持ち良さそうなお昼寝です。
時の流れるスピードがゆるくなったかの様に癒されます。

今回、ムービーが、皆様にご覧頂けることがわかりました。
次回にも何か、ムービーをアップすることがありましたら、
どうぞ、よろしくお願いします。

では、チョコの寝顔です。

Imgp0164_1

| | コメント (4)

立冬

24の季節は「立冬(りっとう)」になります。陽の光もいちだんと弱く、日脚も目立って短くなります。北国からは初冠雪の便りが届いて、冬の気配が立ち始めます。冬の季節風が吹き始める頃になります。サザンカが可憐に咲き始め、南国ではツバキ、スイセンも開花します。

垣根には、こんな花が咲いていました。
サルビアかな・・?

何かわかる方、いらっしゃいますか。

Imgp0196

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »