« 夜のチョコちゃん | トップページ | 暗闇のなか(コンパクトデジカメ) »

素敵な場所から

mickeyのパソコンを公開します。
いつもここから、素敵なつながりが始まります。
では、ライティングの妙を、披露してみます。

最初に、コンパクトデジカメによる
通常の撮影のフラッシュ・オン画像 です。

Imgp0305

写真の情緒を感じてくださいね・・・、
パソコン画面や、背面ガラスに強い反射光があります。情緒はこれで半減です。
フラッシュの直接光によるものです。 こんな記念撮影写真って、多いですよね。

次は、フラッシュ・なし の場合です。
室内の照明だけでは、やはり光量が足りません。
パソコンの画面以外には、
全体的に暗くしか、捉えられませんね。

Imgp0304_1

では最後に、天井バウンスを試みてみます。
これは、フラッシュの光の方向を天井に向けて発したものです。
いかがですか? 画面の写りこみや、カーテンの質感に大きな変化が見られます。
ライティングによる妙、ってご理解頂けますか?

Imgp03031

|

« 夜のチョコちゃん | トップページ | 暗闇のなか(コンパクトデジカメ) »

コメント

mickeyさんこんばんは!
すごーーーいっw(・Θ・)w!!!!!
とっっっても解りやすいです〜

フラッシュオンの状態が、私もあまり好きではない理由を
代弁して頂いている感じです(*^^*)

こういう風に比べることができると、
最後の写真が本当に際立って
キレイなのがよく解りますね〜!!

天井バウンスという専門用語が解らず、、
調べてみましたヾ(;´▽`A``

天井や壁などにストロボ光を反射させて、
被写体に間接的に光を当てることなんですね(゚o゚)
なるほど・・・ あ、
そういえば写真スタジオなどで、
大きな傘みたいなものを見かけますねー!

やっぱりmickeyさんは、すごいです。。。

投稿: よしえ | 2006年12月13日 (水) 00時12分

☆よしえさん、
ストロボの光を天井に反射させています。
でも、コンパクトデジカメの内蔵フラッシュは、
向きが正面に固定していますので、
プリズムを使用して曲げてみました。
そう、理科の実験とかでありましたよね。
mickeyの使用したのは、光学機器を分解したものです。
これ、一枚目の写真のマウスの手前に写っています。
これをストロボのところへ固定しました。
固定したのは、ひとつの輪ゴムです。
(これも画像にあり)。
ライティングの妙の、タネ明かしでした。

投稿: mickey | 2006年12月13日 (水) 01時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夜のチョコちゃん | トップページ | 暗闇のなか(コンパクトデジカメ) »