« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

謹賀新年

新年、明けましておめでとうございます。
皆様、新年を、いかがお過ごしでしょうか?
どうぞ、ブログ「chocoまるまる」、
本年もよろしくお願いいたします。

831d98e8aeee3302c23a83046c2eafbb_vo

初画像は、チョコまる子 です。
                                       

きれい、すてき、感動, チョコまる子 | | コメント (12)

新春の夢

不思議な画像の、再トライです。
ピアノ鍵盤を撮影した画像です。
至近距離から遠くまでピントが合いそうです。
なにか素敵な面白い撮影ができるかも・・。
新春の夢ですね。

Imgp22181

                                       

きれい、すてき、感動 | | コメント (6)

年の瀬に

皆さん、一年間、どうもありがとうございました。
今年一年、とても楽しませて頂きました。
来年もよろしくお願いいたします。
ここに訪れる皆様のご多幸を祈念いたします。
今日も、年の瀬のショッピングセンターはとても賑わっていました。
この超広角の不思議画像のアップです。

Imgp22051

                                       

きれい、すてき、感動 | | コメント (4)

クリスマスの光景

JR名古屋駅前のイルミネーションです。
今宵は、あいにくの雨降りでしたが、
路面に映る光も、素敵です。
メリークリスマス~!

Imgp21451

Imgp21551

Imgp21501

| | コメント (6)

冬至

24の季節は「冬至(とうじ)」になります。
太陽は南回帰線の真上にあり、北半球では昼が最も短く、
夜が最も長くなります。しだいに寒さも厳しくなります。

画像は、庭の水滴るところです。
湿った岩とモミジの落葉に加えて、サザンカの落花です。

Imgp21181
                                       

24の季節 | | コメント (4)

冬の夕空

暗い色の雲が、西空に被さっています。
鈴鹿山脈の向こうの日本海側は、降雪なのでしょう。
日没の太陽の位置が、かなり南になりました。
冬至まで、南に移っていきます。

Imgp21101
                                       

きれい、すてき、感動 | | コメント (6)

海岸の風景

海岸の風景です。超望遠撮影の画像です。
コンデジに、単眼鏡を重ねて撮影しました。 

Imgp19852
                                       

きれい、すてき、感動, 奇跡の海岸にて | | コメント (6)

幻日.2

12/8の朝刊です。この現象が報道されています。
こんな撮影をした場合、どうしたら、良いのでしょう?
すぐに、新聞社に電話したりするのでしょうか。

Imgp21081
                                       

きれい、すてき、感動 | | コメント (2)

幻日

昨夕は、左の雲が妙に輝きました。
幻日という現象です。
空からの贈り物です。

Imgp20991
(太陽を隠しているのは、私の指です。)
                                       


きれい、すてき、感動, 空からの贈り物 | | コメント (7)

大雪

24の季節は「大雪(たいせつ)」になります。
山の峰は積雪に覆われ、平地にも北風が吹いて、
冬将軍の到来が感じられます。
時には日本海側で大雪になります。

画像は、庭の落葉の様子です。
昨日からすっかり冷え込んで、落葉が盛んです。
北風にさらされて、きれいな色の絨毯ができました。

Imgp20942


                                       

24の季節 | | コメント (6)

もみじ谷の紅葉

鈴鹿山系の宮妻峡・もみじ谷へ行ってきましました。
紅葉の美しさは、感動ものです。

Imgp20811_2


Imgp20721_2
                                       

きれい、すてき、感動 | | コメント (10)

庭のお散歩「秋色めいて」

庭の樹木が、鮮やかに色めいてきました。
冬に備えての、落葉も始まりました。

Imgp20561
                                       

庭のお散歩 | | コメント (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »