« 立冬 | トップページ | サツキとメイの家 »

ドウダンツツジの紅葉

ドウダンツツジが紅葉しています。
とてもきれいな紅色の葉になりました。
愛・地球博記念公園で撮りました。

Imgp39491


|

« 立冬 | トップページ | サツキとメイの家 »

コメント

mickeyさん、おはようございます。

ここもドウダンツツジで真っ赤ですね。

長い出張も無事こなし、やっと我が家の戻ってきました。
やっぱり家がいいですよね。

はるじょおん、ひめじょおん、の豆知知識をありがとうございました。
北海道では、このはるじょおんとひめじょおんが同時に咲くんですよ。^^
本州では見られない光景ですよね。

それと、北海道では梅と桃と桜が同時に開花します。

ありがとうございました。

投稿: ken(森の時計と丘の風) | 2008年11月 9日 (日) 08時30分

mickeyさま♪
こんにちは* ゚ + 。・゚・。・
ドウダンツツジ。。。見事な赤ですね* ゚ + 。・゚・。・
大きな画像で迫力を感じましたよ♪
ドウダンツツジの。。。お花も、、、可愛くって好きです☆

そして遅くなりましたが。。。。
mickeyさま☆お誕生日おめでとうございます* ゚ + 。・゚・。・
新たな一年がmickeyさまにとって
素晴らしい一年になられますように・・・
この地から。。。お祈り申し上げます* ゚ + 。・゚・。・

投稿: あや | 2008年11月 9日 (日) 11時45分

●kenさん、ありがとうございます。
お帰りなさい~♪ お疲れさまでした。
愛・地球博記念公園のドウダンツツジは、真っ赤でした。
うちの庭より、紅葉が早いです。
北海道の開花のお話、素敵です。

投稿: mickey | 2008年11月 9日 (日) 19時30分

mickeyさん、圧倒的な赤ですね。
ドウダンツツジの紅葉は、寒暖の差があればあるほど赤くなると聞いたことがあります。
そして、この赤を演出するには太陽の光があれば、なお一層鮮やかになります。

mickeyさんが撮られたツツジの赤は、情熱を内面に秘したものではなく、
外面にはっきりと現したものです。凄まじい赤ですね。感動しました!

投稿: 舟守 | 2008年11月 9日 (日) 21時42分

●あやさん、ありがとうございます。
ドウダンツツジの紅葉、とても素敵です。
大きな画面で、アップしました。
この花のことは、私のブログでも、ご覧いただけます。
http://cho-co.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_6892.html
うれしいバースディコメントを、ありがとうございます。

投稿: mickey | 2008年11月10日 (月) 01時07分

●舟守さん、ありがとうございます。
今回のドウダンツツジの撮影は、曇天下です。
直射の太陽光があれば、どんな撮影になったのでしょうね?
コントラストのある画像が表現できたかもしれませんね。
もっと素敵な画像になったかもしれません。
貴重なアドバイス、ありがとうございます。

投稿: mickey | 2008年11月10日 (月) 01時18分

みごとな赤ですね。赤というよりも紅に近いかな。
圧倒的な色です。冬が来る前に植物は最後の情熱を主張してる様にも思えます、
そして、散ってゆくんですね。ちょっと悲しみを秘めた華やかさですね。

投稿: Sho | 2008年11月10日 (月) 23時41分

●Shoさん、ありがとうございます。
モミジより一足先に、ドウダンツツジが紅くなりました。
素晴らしい色です。
葉は、夏の強い日差しのなか、光合成を行い、
冬の寒さと乾燥に備えて、そして散りゆく・・。
いさぎよい葉の色ですね。
こんな葉の色を、愛でたいものです。

投稿: mickey | 2008年11月11日 (火) 02時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 立冬 | トップページ | サツキとメイの家 »