« 梅雨明け、水玉の画像 | トップページ | 大暑、ミッドランドスクエアの仰角 »

名古屋市科学館、65cm天文台フィナーレ

名古屋市科学館が新しくなります。およそ50年間の駆動のプラネタリウムが引退します。
屋上の天文台の65cm望遠鏡も室内展示になります。
この望遠鏡の今日の雄姿と、月面の画像です。

Imgp76071
コンデジ(コリメート式+65cmカセグレン・デュアルワンダーアイ)による月面の撮影。
Imgp76032
 
「君の名前」熊木杏里
、この歌、素敵です。(NHK ワンダ×ワンダー、エンディング曲)

|

« 梅雨明け、水玉の画像 | トップページ | 大暑、ミッドランドスクエアの仰角 »

コメント

 ついに、この日が来ましたかthink
思い出深いプラネタリウムでしたね。

投稿: Wineconcerto | 2010年7月19日 (月) 10時01分

こんばんは(^o^)丿

思い出のものがなくなるのは悲しい事ですね(>_<)
しかしながら、物はなくなっても思い出は残りますので、
その思い出をなくさないようにするのが大切なのかもしれませんね?

それにしてもすごい望遠鏡ですね(^^)
実は、こういった望遠鏡で星とか見たことがないんです((+_+))
一度は見てみたいところです・・・

投稿: ちゃむ | 2010年7月19日 (月) 23時08分

shine Wineconcertoさん、ありがとうございます。
昭和37年から、ほぼ半世紀・・・、
素晴らしい星空を案内してきた名古屋市科学館のプラネタリウム。
とうとう、新館へ建替え、最新鋭の機材に更新になります。
世界一の35mドームに、世界最高峰のツァイス機の投入になります。
どんな星空が観られるのか、楽しみにしているのは、
名古屋市民の皆さん、近隣の天文ファン、遠方からのコアな方も
とても楽しみにされていることでしょう。shine
来年3月のオープンまで待ちましょう。

投稿: mickey | 2010年7月21日 (水) 01時14分

shine ちゃむさん、ありがとうございます。
名古屋市科学館のプラネタリウムは、幼少の頃から活躍していました。
65cmは昭和61年のハレー彗星の前年に設置されたと記憶しています。
数々の思い出と供に過去へと過ぎ去っていきます。
思い出そのものが、とっても大切なものです。
今回の月面の画像は、この65cmのコリメート式の撮影によるものです。

投稿: mickey | 2010年7月21日 (水) 01時29分

こんにちは。
こんなに大きくお月さまが見られたら
感動でしょうね~!(*^。^*)
プラネタリウム、行ってみたくなりました。

新旧の入れ替えは、どこにもあるんですが
沢山活躍した古いものも、捨てがたいものですよね。

投稿: 月うさぎ | 2010年7月22日 (木) 14時00分

shine 月うさぎさん、ありがとうございます。
65センチの望遠鏡から観られた月面を、コンデジカメラで撮影しました。
コリメート式 という撮影方法です。
この日は、三重県内の進学校の高田高校の天文部の皆さん十数名を、
名古屋市科学館に案内しました。
科学館の天文主幹の後輩、野田さんからも展示の説明を受けました。
中学・高校の天文部の皆さんの、キラキラしている瞳が素敵でしたよ!


投稿: mickey | 2010年7月24日 (土) 23時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84126/37761745

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋市科学館、65cm天文台フィナーレ:

« 梅雨明け、水玉の画像 | トップページ | 大暑、ミッドランドスクエアの仰角 »