« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

ひな祭り、桃の節句の飾りつけ

ひな祭りの時期になりました。桃の節句の飾り付けをしました。
今の新暦はこの時期に、ひな祭りになります。
でも、旧暦による本来のひな祭りは、もうひと月のちになります。
ですから、我が家では新暦にあわせて飾り付けをして、
旧暦のお節句まで楽しむことにしています。
新旧の暦の解釈をしないと、モモの開花も待たずに、
ひな飾りを片付けることになります。

Imgp91941
人形は、幸一光作の「高倉」です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

庭のお散歩「スイセン開花」

スイセンの花が咲きました。
白い6枚の花被片の中央に黄色い副花冠がある花が、
横向きに咲いています。
ギリシア神話では、美少年ナルキッソスの化身とされています。
水に映る自分の姿に恋い焦がれて、水仙になったといいます。
これが、ナルシストの語源です。
Imgp91721


| | コメント (0) | トラックバック (0)

輝く軌道、麗しの三岐鉄道・三岐線

朝の陽に輝いている軌道です。
単線の線路は、とても美しいですね。

Imgp91091
鉄道ファン、垂涎の三岐鉄道・三岐線です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

樹齢を重ねた古木からの、超濃厚ワイン

樹齢を重ねた古木からの、超濃厚ワインを賞味してみました。
南フランスから届きました。

Imgp89671
シャトー・シャンション(赤)《左》は、かのボルドー地方の醸造所(シャトー)のよる赤ワインです。
樹齢40年以上の大切な古木から造られています。
スムーズに喉元を滑り込むようなエレガントなワインで、和食にも良く合います。
また、ドメーヌ・サン・ジャン・ド・ラ・ジエステ(ラングドック地方)というワイナリーからは、
キュべ・スペシャル(赤)です。こちらは樹齢100年という樹からの超濃厚ワイン。
非常に濃厚な果実をそのままに、ノンフィルターで特別にビン詰めされている
オリジナル・オーダーメイドの赤ワインで、きれいな赤紫のルビーレッドに輝きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

庭のお散歩「ホトケノザ開花」

庭の片隅で、ホトケノザ(仏の座)という可愛らしい小さな花を見つけました。
ホトケノザは、花の下にある葉が茎を包み込むようになっていて、
これを仏の蓮華座に見立てた名前なのだそうです。

Imgp91451

| | コメント (0) | トラックバック (0)

倉岡雅・絵画展、ギャラリー慧にて

四日市のギャラリー慧にて、素敵な絵画展が開催されています。
津東高等学校の倉岡雅 先生の絵画展です。

Imgp91261
倉岡先生ご自身からも作品についてお話がありました。
Imgp91191
(~2/27まで・入場無料、ギャラリー慧のHPはこちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きれいな夕陽、空倶楽部の日

空倶楽部、一周年の記念の日になるそうです。
私も、空の画像でお祝いさせてください。

Imgp91601
空倶楽部とは、「9」のつく日に空をアピールする写真をアップするという集まりです。
(発起人は、かず某さんchacha○さん です。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雨水、冠雪の釈迦ヶ岳(1092m)

24の季節は「雨水(うすい)」を迎えます。
雨水がぬるみ、草木が発芽します。
庭の梅のつぼみもふくらんできました。

Imgp910411_2
画像は、冠雪の釈迦ヶ岳(1092m)です。鈴鹿セブンマウンテン(鈴鹿山脈)のひとつです。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

年賀はがきの番号に、フォーカスを

お年玉年賀はがきのこと、
皆さん、当選番号を確かめていますか。

Imgp90861
賞品の引換えは、7月25日まで。(当選番号


| | コメント (2) | トラックバック (0)

ローラン・ミケール氏の、レ・ボーシャンというワイン

フランス・ラングドック地方のドメーヌ・アルノーという、
ローラン・ミケール氏のワイナリーから、美味しいワインが届きました。
レ・ボーシャン(LES BEAUCHAMPS)とは、「美しい畑」を指します。

Imgp87901_2
画像は、ローラン・ミケール レ・ボーシャンの、
シャルドネ・ヴィオエネ(赤)《左》とシラー・グルナッシュ(白)です。
シャルドネのコクとヴィオエネの華やかさのバランスが絶妙、心地良い香りの味わいが
食卓を彩ります。エスニック料理との相性は最高~♪   また、シラー・グルナッシュは、
ふっくらとこなれたタンニン、ほのかなスパイスと熟した果実に、バランスの良さが人気です。 
                                                                                  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

庭のお散歩「雪化粧の光景」

予報のとおり、この週末は雪降りになりました。
庭も雪化粧の光景です。

Imgp90921
  Dew / 季節を追いかけて

| | コメント (2) | トラックバック (0)

この週末は、大雪の予報

暖かい日になったり、寒くなったりしています。
この週末は、大雪の予報です。冬に逆戻りなのでしょう。
皆様、暖かくしてお過ごしくださいね。

Imgp90701
画像は、「紺のれん」の味噌ラーメンです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

給油のさなかに、空を見上げた

GS(ガソリンスタンド)にて、
久しぶりに、青く晴れた空を見上げてみました。
価格が気になります。
皆さんの地域ではいかがですか?

Imgp90691

| | コメント (2) | トラックバック (0)

イタリア・南部からの、ワインに想いを馳せて、

イタリア南部からワインが届きました。
イタリアの地形・長靴の土踏まずの部分がバジリカータ州で、
ヒールの部分がプーリア州になります。

Imgp89651
カンティーナ・ヴェノーザ、バジリカータ ヴィリニャーリ  ビアンコ (白) 《左》 と、
チェファリッキオ ロッソ カノーザ (赤) です。
イタリア語では、ビアンコとは 白のことです。
「ミ・スクージ、ビーノ ビアンコ、プレファ ボーレ。」
これは、私のイタリア語のもっとも得意なフレーズです。
また、カノーザとはプーリア州のコムーネ(共同体)の名称で、
ロッソ は赤になります。
ジブリの ポルコ・ロッソ は、「紅の豚」です。

そう、カンティーナ・ヴェノーザ、バジリカータ ヴィリニャーリ  ビアンコ (白) 《左》 は、
爽やかさで厚み十分なワインで、自然にのどを滑ります。
そして、チェファリッキオ ロッソ カノーザ (赤)は、均整のとれた果実と酸とタンニンは、
とてもしなやかで、やさしく喉を通ります。洗練された味わいの赤ワインです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立春の画像の、タネ明かしです

ツイッターでも話題になりました。
先の「立春」の画像について説明をします。
皆様が何かしらの妙を感じられた、この画像にはタネ明かしがあります。
この画像は、庭の池に映った虚像を撮っています。
じっと風の止むのを待って、水面の青空と雲を写しています。

Imgp90601_2
暖かかった立春の日に、タネ明かしです。  (ツイッターはこちらから。)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

立春、握りこぶしの中にある夢

24の季節は「立春(りっしゅん)」を迎えます。
寒さは厳しいのですが、気温は上昇に向かい、
樹木が芽吹き始めて、春の気配が立ち始めます。
立春の前日が「節分」になります。

Imgp89181


中島みゆき / 歌姫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »