« 田渕俊夫展、名古屋市美術館・メナード美術館 | トップページ | きれいな夕景 »

庭のお散歩「ホトケノザ開花」

庭の片隅で、ホトケノザ(仏の座)という可愛らしい小さな花を見つけました。
ホトケノザは、花の下にある葉が茎を包み込むようになっていて、
これを仏の蓮華座に見立てた名前なのだそうです。

Img_01081

|

« 田渕俊夫展、名古屋市美術館・メナード美術館 | トップページ | きれいな夕景 »

コメント

昔の方はナイスなネーミングをしますね!
あまりお花の名前を知りませんが、このお花は一度で覚えました(笑)

梅や桜の開花ばかりが取りざたされますが、私もこのお花が咲くと春を感じます(*^_^*)

投稿: awa | 2012年3月28日 (水) 12時14分

こっちにもお邪魔します。
ホトケノザ、こちらも咲いてるかなぁ。
今度の週末、散歩の時探してみます。
暇が無いかな(汗)。

awaさんが花のネーミングの事に言及されてますね。
僕もぴったりだと思いました。
でも、仏花にはしませんね(笑)。

よく似た花で「ヒメオトリコソウ」も結構ナイスな
名前だと思います。花が踊りを踊ってる人に見えますから。
反対に可哀相な名前には今時咲いてるオオイヌノフグリや
秋に蔓が蔓延るヘクソカズラなんか。
もっと言いようがあると思ったりします。
ではでは。

投稿: tomkob | 2012年3月28日 (水) 18時34分

shine awaさん、ありがとうございます。
この花が咲くと春の到来ですね。 happy01
これからの季節は、春爛漫です。
とても素敵な季節です。 cherryblossom

投稿: mickey | 2012年4月 1日 (日) 05時03分

shine tomkobさん、ありがとうございます。
ヒメオトリコソウも見てみたいですね。別名のこと、
「星の瞳」とは、オオイヌノフグリのこと。
「サオトメバナ(早乙女花)」とは、
ヘクソカズラのことです。
咲く姿はどれも素敵です。

投稿: mickey | 2012年4月 1日 (日) 05時49分

遅まきながら、再びお邪魔しました。
オオイヌノフグリの別名が「星の瞳」とはまた
ロマンチックな名前があったんですね。知りませんでした。
ヘクソカズラにも早乙女花なんて良い名前があったんですね。
こちらも勉強になりました。

投稿: tomkob | 2012年4月 7日 (土) 21時50分

shine tomkobさん、ありがとうございます。
別名や花言葉はとても勉強になります。

投稿: mickey | 2012年4月10日 (火) 01時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84126/44659790

この記事へのトラックバック一覧です: 庭のお散歩「ホトケノザ開花」:

« 田渕俊夫展、名古屋市美術館・メナード美術館 | トップページ | きれいな夕景 »