« 名古屋市科学館は、JAXAと連携します。(続報) | トップページ | 酷暑日の夕闇に »

いじめの結末(あれから40年)

いじめは絶対に良くないです。
私が東海中学に進学したのは、いじめが原因です。
小3で転入したのは、1学年1クラスの学級でした。
腕力のある彼ひとりに支配されていました。
私のことは疎外されて、クラスの班分けでも、
どの男子グループにも入れてもらえませんでした。
彼は教室内の私の頭部に石を投じ、私は入院しました。
とてもつらい小学校の想い出です。
私は東海中学・高校に進学して、彼とは離れました。
しばらくして届いた便りは、彼の自殺でした。
私は、今も、とても後味の悪い人生を過ごしています。

Img_15961
画像は、きれいな夕景です。

|

« 名古屋市科学館は、JAXAと連携します。(続報) | トップページ | 酷暑日の夕闇に »

コメント

こんばんはです。^±^ノ

それはつらい思い出ですね。x±x
しかしいじめは難しいです。
当事者の意識ですよね・・・。
でも無視が一番つらいです。+±+

さらにそれよりつらいのが、親の虐待でしょうね。
こればかりは、逃げ場がありませんよね。x±x
つまり、一番陰湿なのは、親が子供をいじめること、これに尽きる気がします。x±x

投稿: てくっぺ | 2012年7月15日 (日) 21時35分

shine てくっぺさん、ありがとうございます。
無視の方がいじめよりも危害が少ないと思います。
また、親子の虐待を同列に論じて比較するのは意味がありません。
被害者、加害者の立場が全く異なりますから・・。 と思います。

投稿: mickey | 2012年7月16日 (月) 02時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84126/46330762

この記事へのトラックバック一覧です: いじめの結末(あれから40年):

« 名古屋市科学館は、JAXAと連携します。(続報) | トップページ | 酷暑日の夕闇に »