« ひな祭り、桃の節句の飾りつけ | トップページ | 黄砂の夕景 »

啓蟄、庭のお散歩「スイセン開花」

暖かい日が続いたり、冷たい日になったりしています。
24の季節では「啓蟄(けいちつ)」になります。
冬ごもりをしていた虫が地中から外にでてきます。

スイセンの花が咲きました。
白い6枚の花被片の中央に黄色い副花冠がある花が、
横向きに咲いています。
ギリシア神話では、美少年ナルキッソスの化身とされています。
水に映る自分の姿に恋い焦がれて、水仙になったといいます。
これが、ナルシストの語源です。

Img_18531

|

« ひな祭り、桃の節句の飾りつけ | トップページ | 黄砂の夕景 »

コメント

もう水仙が咲いているのですね。
昨日の道東は大荒れで、亡くなった方もいます。
こちらの春はしばらく先になりそうです。

投稿: 旭岳 | 2013年3月 3日 (日) 21時59分

shine 旭岳さん、ありがとうございます。
地吹雪の災害、報道で拝見しました。
雪溜りでの車の立ち往生、危険です。
(1)車外へ脱出して助けを求める。
(2)車内でエンジンによる暖房をして待機する。
(3)暖房された車内で待機して携帯で救助要請する。また車の排気管が埋もれないように除雪する。
正解の手段は(3)という報道内容でしたが、
携帯の通信手段がいつも維持できるのでしょうか、また埋もれた状態で車外の除雪が可能なのでしょうか?
いずれにしても、この天候の状況下では天気予報や渋滞情報、通行止めの情報などを収集して考慮した上で行動するしかありません。
この災害被害された方のご冥福をお祈りします。

投稿: mickey | 2013年3月 3日 (日) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84126/49816670

この記事へのトラックバック一覧です: 啓蟄、庭のお散歩「スイセン開花」:

« ひな祭り、桃の節句の飾りつけ | トップページ | 黄砂の夕景 »