« 中秋の名月 | トップページ | 名古屋市科学館の夜景 »

秋分、彼岸花のこと

24の季節は「秋分(しゅうぶん)」になります。
太陽は天の赤道の上にあり、真東から出て真西に沈みます。
昼と夜の長さがほぼ同じです。秋の彼岸です。
夕闇の訪れる時刻が、日々早くなってきました。

Img_27622
彼岸花が一斉に開花を始めました。
日本のヒガンバナは、すべて球根によるクローン繁殖です。
だから、同じ色、同じ丈になるのです。毎年、同じ場所にしか咲きません。
種子は出来ませんので、綿毛種子などで飛行して繁殖しません。
もとは、中国からの伝来の球根が、土手、墓地などに植えられて、繁殖、開花しています。
彼岸花の葉は冬の時期だけに生えます。
葉は花を見ず、花は葉を見ず。「ハミズハナミズ」の名です。
花と葉が、お互い出会うことがなく、互いの想いからなる名で、
「相思華」とも書かれます。

|

« 中秋の名月 | トップページ | 名古屋市科学館の夜景 »

コメント

綺麗に咲いていますね。旭川では見掛けないので一斉に咲いたのを見たいものです。

投稿: 旭岳 | 2013年9月22日 (日) 23時02分

彼岸花、きれいですね~!

大好きな花なので、私もぜひ撮りたいですnote
「相思華」のこと初めて知りました。
勉強になりましたgood
ありがとうございました。

また遊びに来ますhappy01


投稿: エクボーナ | 2013年9月23日 (月) 12時13分

shine 旭岳さん、ありがとうございます。
ヒガンバナにも北限があるのですね!
調べてみましたら、自生の北限は秋田県らしいです。
植生では札幌でも開花しているようですが・・・。

投稿: mickey | 2013年9月23日 (月) 23時00分

shine エクボーナさん、ようこそ、大歓迎です。 crown
リンクのこと、快諾頂きましてありがとうございます。
エクボーナさんからのリンクも感謝です。
私も「シャッターチャンスに心をこめて☆」には同感です。 camera
また、こちらからも訪問させて頂きますね~♪

投稿: mickey | 2013年9月23日 (月) 23時13分

mickeyさん、こんばんは。
ご無沙汰しています。
こんな月うさぎを忘れずにいて下さり
本当にありがとうございます。(*^。^*)嬉しかったです♪

彼岸花のこと、「そうなんだぁ!」って思い
あの不思議な咲き方にあらためて感動しています。
それにしても、凄く沢山咲いてますね。^^

投稿: 月うさぎ | 2013年9月24日 (火) 23時13分

shine 月うさぎさん、ありがとうございます。
ヒガンバナの見事な咲き方はクローン繁殖によるものです。
もうひとつ、春の桜花・ソメイヨシノも種子では増えません。
各地にあるソメイヨシノの桜樹はすべて人の手による
接木(つぎき)や、その苗木などによるクローンで増やしたものです。
だから、春に、一斉に開花するのです。 cherryblossom

投稿: mickey | 2013年9月25日 (水) 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84126/53343092

この記事へのトラックバック一覧です: 秋分、彼岸花のこと:

« 中秋の名月 | トップページ | 名古屋市科学館の夜景 »