« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

庭のお散歩「ユキヤナギ開花」

ユキヤナギの開花です。
花が咲きそろうときれいです。
まるで、枝に雪が積もったように見えます。
漢名は、噴雪花というのだそうです。
この花は、夜にながめるのも格別です。

Img_32741

今宵は、この曲を聴きながら過ごしています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

名古屋市科学館の天文クラブの更新

私は(3)で継続手続きを済ませました。
列のなかで、とても素敵な出会いがありました。
さて、もうひとつの継続手続きの方法があります。
(5)郵便局での振り込みによる方法です。
これには、専用の振込み用紙が必要になります。
例会に参加された方や、欠席の会員さんに郵送されます。
ただ、4/18が継続する会員優遇の手続きの期限になります。
4/19からは新規の希望者の一般受付けが始まります。
会員の定員(1000名)制限までの受付になってしまいます。

Img_32641


| | コメント (0) | トラックバック (0)

プラネタリウムの想い出

名古屋市科学館が素敵 ♪ というBBSがあります。 (こちら)
このブログのサイドバーからご覧いただけます。
このBBS、アクセスが10000を越えました。
ご覧を頂いている皆様に感謝いたします。

Img_26001
2011年にリニューアルされたプラネタリウムですが、
これまでの機材における素晴らしい歴史があります。
天文展示コーナーには動態保存されています。
どうぞご覧ください~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋市科学館の例会のときに

この3/27、28は、名古屋市科学館の天文クラブの例会です。
来期への更新手続きのタイミングになります。
この天文クラブは定員制がありますので、
継続の手続きには、まずは、
(1)通常の入館の窓口での継続から、
(2)天文クラブの例会の開始の列から。
(3)天文クラブの例会の終了後の列から。
(4)一般の受け付けが始まるまでの期間までに。
会員の受付は、人数制限(1000名)です。(昨年データから)
科学館の天文クラブは継続される人員が多くて、
新規加入の枠は、とても狭き門になっているかもしれません。
こんなことって、全国のミュージアムでもあるのでしょうか?

Img_16461


| | コメント (0) | トラックバック (0)

春分、庭のお散歩「ツバキ開花」

暖かい日が多くなってきました。
24の季節は「春分(しゅんぶん)」になります。
太陽は天の赤道の上にあって、真東から出て真西に沈みます。
昼と夜の長さがほぼ同じになります。春の彼岸です。

Img_32481
ツバキの花が咲きました。
紅、桃、白、桃地に紅や白の絞り、白地に紅や桃の絞りなど五色に咲き分け、
また、花は首から落ちずに花弁が一枚一枚散っていくというツバキです。
「五色八重散椿(ごしきやえちりつばき)」といわれます。

卒業式の季節ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

映画「宇宙兄弟」から

地上波初の「宇宙兄弟」を見ました。
天文・宇宙へのあこがれ、幼い日を想い出しました。
私も科学館の解説員の方にはきっとご迷惑をお掛けしました。
さて、JAXAにおける映画のシーンにロケットがありました。
名古屋市科学館の野外展示に、H-IIBロケットがあります。
オレンジ色のライトアップは冬季期間限定です。

Img_15391_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

庭のお散歩「ウメ開花」

庭の、シダレ梅の開花が始まりました。
花は下方に向かって、しだれて咲いています。
花の撮影は、樹の下から、空を見上げるようになります。
空を背景に、とってもハイキーなきれいな画像になりました。

Img_32431

| | コメント (2) | トラックバック (0)

啓蟄、庭のお散歩「ホトケノザ開花」

暖かい日が続いたり、冷たい日になったりしています。
24の季節では「啓蟄(けいちつ)」になります。
冬ごもりをしていた虫が地中から外にでてきます。

庭の片隅で、ホトケノザ(仏の座)という可愛らしい小さな花を見つけました。
ホトケノザは、花の下にある葉が茎を包み込むようになっていて、
これを仏の蓮華座に見立てた名前なのだそうです。

Img_32161

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »