« 寒露、スイフヨウ開花 | トップページ | 庭のお散歩「ツワブキ開花」 »

霜降、名古屋駅の光景

24の季節は「霜降(そうこう)」になります。(しもふり)ともいいます。
早朝にはところによって霜を見るようになり、カエデやツタが紅葉し始めます。

Img_3958jpg1_2

名古屋駅の17時の「金の時計」の光景です。大勢の待合の方です。
さて、この名古屋駅は、ギネス認定の世界一の駅舎です。
でも名古屋駅(名駅)は、「(迷駅)」と揶揄されます。
新幹線や JR、地下鉄、近鉄、名鉄などの各路線が複雑に乗り入れています。
Img_3792jpg1_3
国内の利用者数一は、「新宿駅」ですが、遠距離路線(新幹線)はありませんし、
次の「東京駅」には、私鉄の乗り入れはなく乗り換えはとても明白です。
「品川駅」発のリニアは、将来さらに「名古屋駅」に乗り入れることになります。
(名駅=“迷駅”大図解 は→こちらから

|

« 寒露、スイフヨウ開花 | トップページ | 庭のお散歩「ツワブキ開花」 »

コメント

名古屋駅は世界一高い駅ビルなのですね。
25日は武道館で、ギネス認定を目指して1,200人で弾く三味線イベントに参加です。

旭川は平地でも雪予報がでたりしてチラホラと冬タイヤへ交換しているのを見かける
季節になりました。

投稿: 旭岳 | 2014年10月22日 (水) 15時17分

shine 旭岳さん、ありがとうございます。
1200人の三味線はどんな音色になるのでしょう。 confident
もう雪の季節なのですね。

投稿: mickey | 2014年10月29日 (水) 10時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84126/57749562

この記事へのトラックバック一覧です: 霜降、名古屋駅の光景:

« 寒露、スイフヨウ開花 | トップページ | 庭のお散歩「ツワブキ開花」 »