« 喪中にて欠礼いたします | トップページ | 小寒 »

奇跡の高松海岸、終焉

ついに、高松海岸の工事が始まってしまいました。
四日市港・霞埠頭から高速道への連絡道路の工事です。

Img_4285
ただ名古屋から四日市までの海岸に残った500mほどの自然海岸の
「高松海岸」、この奇跡とされる海岸を壊して進められました。
Img_3853jpg1
これまでのこと、このブログ「奇跡の海岸にて」で綴ってきています。(こちら

|

« 喪中にて欠礼いたします | トップページ | 小寒 »

コメント

北海道では直線化した釧路川の自然回帰事業が行われていますが、一度壊してしまった
自然を元に戻す事はとても長い時間がかかります。

何でも効率化を目指す時代は終わり、成熟した社会に入っていると思うのですが、政治と
お役所は経済成長第一主義から抜け出せない様です。

投稿: 旭岳 | 2015年1月 5日 (月) 16時54分

shine 旭岳さん、ありがとうございます。
清流の長良川に続き、高松海岸の自然が壊されてしまいました。
「全国ふるさと交流フォーラム」のオフで、
この海岸の砂を配ったのは東京オフ「のことでしたか・・・。
「空に星、浜辺に砂があるように」とフィルムケースに入れました。
http://homepage2.nifty.com/mickey-/essay/nagaragawa.html

投稿: mickey | 2015年1月 5日 (月) 23時42分

もし、高松海岸にウミガメが産卵にやって来たら、工事中断してもらえるんでしょうかね。
そんな奇跡を願いたいです。

投稿: ノンノン | 2015年1月11日 (日) 06時41分

shine ノンノンさん、ありがとうございます。
この高松海岸にもウミガメの産卵がかって記録されています。
でも、工事の計画と遂行は進められてしまいます。
私はHP「アトリエmickey」のコンテンツ「あの大切な情景」で、
 あたりまえのように存在していたものが、少しずつきえていく。
 あたりまえのように存在していたものが、本当は大切だったみたい。
 空に星・浜辺に砂があるように・・・・。
と記しましたが、とうとうこれが現実になっていきます。
http://homepage2.nifty.com/mickey-/essay/nagaragawa.html

投稿: mickey | 2015年1月12日 (月) 00時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84126/58467095

この記事へのトラックバック一覧です: 奇跡の高松海岸、終焉:

« 喪中にて欠礼いたします | トップページ | 小寒 »