« アトリエmickey「あの大切な情景」 | トップページ | 太陽の季節 »

アトリエmickey「玄関に飾られた絵」

Kaiga


『ヴェネチア・大鐘楼の夕景』 (油彩)作者不詳
 
 スキアボーニ埠頭の大運河からみた、サンマルコ広場の大鐘楼の夕景色。
 中央には、2つの白い円柱のある小広場(ピアツェッタ Piazzetta)、
 そして、右側には、優美な造形のドゥカーレ宮殿が描かれている。
 
 (用語解説)
 スキアボーニ埠頭=ドゥカーレ宮殿から東へ延びる海岸通り。朝夕の散歩に
     は好適。大運河の対岸に浮かぶサンタマリア・デラ・サルーテ教会や
     サンジョルジョ・マッジョーレ教会の景色はすばらしい。
 サンマルコ広場=この周辺は、海洋王国として栄えた時代を偲ばせる界隈。
     ヴェネチアはもとより世界有数の観光スポットとされている。
 大鐘楼=サンマルコ広場の中央にそびえる高さ96.8メートルの赤レンガ色の
     塔。鐘楼の上からは、運河が縦横に走るヴェネチア市内をはじめ、
     ラグーン(潟)の島々、イタリア半島の山脈、そして天気のよい日
     には、遠くに雪をいただくアルプス連峰の大パノラマが楽しめる。
 小広場=(ピアツェッタ Piazzetta)サンマルコ広場の、船着き場のある海に
     面した部分で、はるばるコンスタンチノーブルから運んだ白大理石の
     2つの円柱がある。円柱の上には、それぞれ、ヴェネチアの守護神の
     翼を持つライオンと、聖テオドール像が配されている。
 ドゥカーレ宮殿=14世紀のゴシック建築で、かってのヴェネチア共和国の
     総督(ドージェ)の居城。整然とした列柱をはじめ、その造形美は
     ヴェネチア随一といわれる。

(付録として)
 
  絵の情景について、ちょっと補足いたします。
  もう少し、うちの玄関の絵を思い浮かばせてみてください。 
  
  日没の夕景というよりも、もっと早い時間の夕景で、たそがれ始める
  ころの風景です。
  雲も空も、波も海も、そして空気も建物も、すべてのものが、少しずつ
  ピンク色に、染まりつつある雰囲気。すべてのものが、ソフトに色づき
  暮れかかってゆくような・・・。
  
  いかがですか? 「ヴェネチア・大鐘楼の夕景」
  波の音に、時をつげる鐘の音、このあたりまでご想像されると、
  もう、うちの玄関の絵のまえにいる気分でしょう。

|

« アトリエmickey「あの大切な情景」 | トップページ | 太陽の季節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84126/64524299

この記事へのトラックバック一覧です: アトリエmickey「玄関に飾られた絵」:

« アトリエmickey「あの大切な情景」 | トップページ | 太陽の季節 »